loader image

ノーコードツールで革新する!システム受託開発の低コスト化戦略

ノーコードツールで革新する!システム受託開発の低コスト化戦略

ノーコード開発のメリット

ノーコード開発は、コーディングスキルの必要性を減らし、開発を迅速化します。これは、システムが複雑化し、開発コストが増大する現状に対する解決策となるでしょう。

ノーコード開発の最大のメリットは、以下の2点です。

開発スピードの向上

コードを書く時間がなくなるため、開発スピードが大幅に向上します。これにより、アイデアを迅速に形にすることが可能となり、ビジネスの競争力を維持するための重要な要素となります。

コスト削減

ノーコード開発は、専門的なプログラミングスキルが不要であるため、開発者のコストを削減できます。また、開発時間の短縮によってもコストを下げることができます。

これらのメリットを活かすことで、開発の低コスト化が可能となります。

システム開発のコスト問題とノーコードツールの解決策

受託開発の高コスト化の背景

システム開発の高コスト化の背景を理解するには、まずは開発プロジェクトの構成を把握することが重要です。一般的な開発プロジェクトは、企画、設計、実装、テスト、リリース、メンテナンスというフェーズに分けられます。フェーズ毎に専門知識や技術を必要とするため、高度なスキルを持つエンジニアの確保が必要となります。また、トラブルや変更要望が生じた場合の対応も重要なコスト要因となります。さらに、受託開発は顧客の要望に応えるため、一からゼロから開発する場合が多く、パッケージソフトウェアのように既存のシステムを再利用することが難しいのも、コストが高くなる要因の一つです。

ノーコードツールによる低コスト化戦略

システム開発の高コスト化はクライアント企業にとって大きな課題となっています。しかし、最近の技術の進歩により、ノーコードツールを用いることでこの問題を解決することが可能になりました。ノーコードツールを用いることで、専門的なプログラミングスキルを持たない人でも手軽にシステム開発を行うことができます。これにより、開発に必要な時間や人件費を大幅に削減し、コストを抑えたシステム開発が実現します。また、短期間での開発も可能で、効率的なシステム開発を行うことができます。このようにノーコードツールは、受託開発の新たな低コスト化戦略として注目を浴びています。

ノーコードツールを用いたシステム受託開発の紹介

STUDIOを用いたHP制作

STUDIOは、プログラミングスキルを必要とせずに、ビジュアル操作だけでウェブサイトを作成できるツールです。受託開発事業を展開するWANTOでは、このSTUDIOを用いたHP制作をワンストップで提供しています。高速な開発と効率的なリリースが可能となり、企業やスタートアップの市場検証用MVPの開発などにも対応しています。

WordPressを用いたHP制作

WordPressを用いたHP制作は、受託開発の一環として、近年注目を集めています。WordPressはプログラミングやWebサイト構築に必要な専門知識がなくても操作可能なオープンソースCMSです。そのため、開発者はWordPressの専門知識と経験、カスタムテーマとプラグイン開発能力、サポートと運用管理体制を持つことが求められます。

費用面でも、シンプルなブログサイトの開発は数十万円から数百万円、高度にカスタマイズされた企業向けWebアプリの開発は数百万円から数千万円と、比較的費用を抑えての開発が可能です。これにより、受託開発のコストを抑え、多くの企業や個人にとって手が届きやすいものとなりました。

bubbleを用いたアプリケーション開発

「bubble」を活用したアプリケーション開発は、システムの受託開発の新たな低コスト化戦略として幅広く用いられています。このツールを利用すれば、コーディング不要で機能豊富なアプリケーションの開発が可能になります。例えば、福祉タクシー検索プラットフォームや税理士事務所管理ツール、さらにはクリック募金サービスなど、多岐にわたる業種で活躍しています。

具体的な機能としては、タスク管理、計算、チャット、予約システムなどが実装可能です。これらの機能は、多くのビジネスで必要とされる基本的なものであり、bubbleを用いることで効率よく、しかも低コストでシステム開発が行えます。

ノーコードツールによるシステム受託開発の未来展望

システム受託開発におけるノーコードツールの使用は、今後ますます増加していくと予測されます。その理由は、ノーコードツールの一番のメリットである「開発スピードの向上」が、ビジネス環境の急速な変化に対応する上で非常に重要だからです。また、非技術者でも開発を行うことが可能なため、開発に必要なリソースを大幅に削減し、結果として低コスト化を実現します。しかし、一方でノーコードツールには制約も存在するため、フルスクラッチ開発とのバランスを適切に取りながら利用していくことが求められます。

受託開発の低コスト化への注目度

IT業界の成熟に伴い、以下の点で受託開発の低コスト化が注目されています。

  • 開発コストを抑えたい企業側のニーズ
  • 技術者不足を解消し、より多くの案件をこなすための開発業界のニーズ

具体的には、ノーコードツールを用いることで、開発に必要な時間と力を大幅に節約できます。例えば、STUDIOやWordPress、bubbleなどのツールは、プログラミング知識が無くても高品質なシステムを作ることが可能となります。また、これらのツールを用いたシステム受託開発は、従来の手法に比べて低コストであるため、発注者からの注目度も高まっています。

ノーコードのシステム開発ならWANTO

事業者名 WANTO
代表 西坂 優希
電話番号 090-6326-5498
メールアドレス info@ed-wanto.com
所在地 〒874-0920 大分県別府市北浜3丁目11-11
事業内容 学習支援業・システム開発事業
URL https://ed-wanto.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です