loader image

「ノーコード 受託開発」で業務効率UP!小規模企業における導入事例とその成功要因

「ノーコード 受託開発」で業務効率UP!小規模企業における導入事例とその成功要因

ノーコードとは?

ノーコードとは、一般的にプログラミングの知識がなくてもアプリケーションを開発することが可能なツールやプラットフォームのことを指します。これにより、非エンジニアでもビジネスアプリケーションやウェブサイトの構築が可能となります。企業におけるデジタル化の波が高まる中、ノーコードの導入は増えてきており、約15%の企業が既に導入しています。開発時間の短縮やコスト削減、人手不足問題の解消など、ノーコード開発は様々なメリットをもたらしています。特に小規模企業におけるノーコード受託開発の導入事例を中心に、その成功要因と業務効率の向上について解説します。

ノーコード受託開発のメリット

業務効率の向上

ノーコード受託開発は、業務効率の向上に大いに貢献します。一例として、Excel業務の効率化が挙げられます。従来、Excel業務は属人化しやすく、見積書や請求書の作業時間が多くなりがちでした。しかしノーコードツール導入により、45%の作業時間を削減することが可能になったという事例が存在します。

また、製造業における報告、集計、管理業務でも効果が見られます。これらの業務は手入力が多くミスが発生しやすかったのですが、ノーコード開発による出荷管理システムの導入により、作業時間を55%削減できました。これにより、ミスの防止だけでなく業務全体がスムーズに進行し、業務効率が大幅に向上したのです。

低コスト・短納期での開発

ノーコード受託開発は、従来の開発に比べて短期間でシステムを作り上げることが可能です。ノーコード開発では既存のパーツを組み合わせることでアプリケーションを作るため、一からプログラムを書く必要がないからです。これにより、開発期間が大幅に短縮され、結果的に低コストでの開発が可能となります。

また、開発期間の短縮は納期の短縮にもつながります。急な業務変更や新たなビジネスチャンスにすぐに対応できる柔軟性もノーコード開発の大きな魅力と言えるでしょう。

ノーコード開発が適しているプロジェクト

ノーコード開発は、特にスピーディなアプリケーション開発やプロトタイピングが求められるプロジェクトに適しています。例えば、MVP(最小限の実用製品)開発で即座に市場反応を得たいスタートアップや、キャンペーン用のランディングページを迅速に構築したい企業などです。また、ITリソースに制約がある中小規模の企業や、特定の業務プロセスを効率化したい企業部門でも有効です。ただし、ユーザーインターフェースのカスタマイズや特殊なセキュリティ要件が重要なプロジェクトでは、ノーコードのアプローチが限界を示す場合もあります。適切なプロジェクト選択は成功の鍵となります。

ノーコード受託開発がもたらす業務効率アップとは?

ノーコード受託開発が業務効率を向上させる要因はいくつかあります。

クライアントとのコミュニケーションの効率化

ノーコード開発では、クライアントの要望やフィードバックを直接、開発の初期段階からプロトタイプに反映させることが可能です。これにより、誤解や後での変更が減少し、コミュニケーションがスムーズに進行します。

プロトタイピングの迅速化

直感的にシステムのプロトタイプを作成できるため、開発スピードが大幅に向上します。早期にプロトタイプをクライアントに提供することで、迅速なフィードバックを受け取ることができます。

変更要望への迅速な対応

ノーコード技術を利用すれば、クライアントからの変更要望にも柔軟に、そして迅速に対応することが可能となります。

これらの要因により、ノーコード受託開発は従来の開発方法に比べて業務効率を大幅に向上させることができます。

ノーコードのシステム受託開発ならWANTO

事業者名 WANTO
代表 西坂 優希
電話番号 090-6326-5498
メールアドレス info@ed-wanto.com
所在地 〒874-0920 大分県別府市北浜3丁目11-11
事業内容 学習支援業・システム開発事業
URL https://ed-wanto.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です